脱・のほほーん
危機感を持ってみんなで子供の未来を守りましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県で奇形トマトが・・・(泣)

寝ようと思っていたら、こんなん見つけて寝れなくなってしまいました。

大変です!奈良県で奇形トマトが・・・(泣)
奈良には産廃業者がたくさんあるんです・・・のんびり奈良県民よ!いい加減目を覚ませ!
http://ameblo.jp/pochifx/entry-11351551131.html

2012年7月10日17時24分
まだ赤いトマトの実から…緑の芽がニョキニョキ 奈良

$乖離のぶろぐ(*´∀`)吸い込んで応援
写真:芽が生えたトマトと池田五和子さん=奈良県三宅町石見拡大芽が生えたトマトと池田五和子さん=奈良県三宅町石見

 赤い実から緑の芽がニョキニョキ――。奈良県三宅町石見の池田五和子(いわこ)さん(79)が買ったトマトに、そんな不思議な現象が起きた。
 6月20日ごろ、自宅近くの農産物直売所で直径10センチほどの4個を購入。うち1個の皮の下に緑色の細長いものがはっていたため、食べずに仏壇に供えていたところ、数日後に皮を突き破って発芽。「初めて見たのでびっくり」と池田さん。芽は6、7カ所から1~2センチ程度まで伸びている。
 県農業総合センター(橿原市)の普及技術課職員は「通常は実が腐ってから発芽する。新鮮なトマトから発芽する例は聞いたことがない」という。(広江俊輔)

7月のニュースですが、全然知りませんでした。
御所の南都興産の影響か?
農産物直売所の産地偽装していたというオチもいらんけど、偽装でなくて奈良県産なら、ほんまにヤバイ・・
どこで作られたトマトなんだろう。

福島の子供の甲状腺異常が35%から43%に大幅増加!

9/11毎日新聞

 福島県の子どもの甲状腺検査で初めて1人が甲状腺がんと診断されたことが11日、県民健康管理調査の検討委員会(座長=山下俊一・福島県立医大副学長)で報告された。同大で担当の鈴木真一教授は「チェルノブイリ事故後の発症増加は最短で4年」などとして、福島第1原発事故との因果関係を否定した。

 昨年度受診した原発周辺13市町村の3万8114人のうち、一定以上の大きさのしこりが見つかった2次検査対象者186人の中の1人。性別や年齢は公表していない。細胞検査でがんと分かった。甲状腺検査は同管理調査の一環で、事故時18歳以下だった約36万人全員が対象。これまでに約8万人が終えた。

 検討委では、40歳以上の特に男性で、肥満や肝機能異常のある人の割合が震災前より増えたことも報告された。避難生活のストレスなどが原因と考えられるという。【乾達、泉谷由梨子】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肥満や肝機能異常は、ストレス・運動不足に加えて、放射性被曝による代謝異常の可能性も考えられる。


「正しい情報を探すブログ」より
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11354716914.html

『最新の調査結果(8月24日まで)によると、福島の子供の甲状腺異常の割合が35%から43%に上昇していることが分かりましたのでご紹介します。

↓こちらが最新の統計。リンク先の15ページ目。
☆第8回福島県「県民健康管理調査」検討委員会』
URL http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/240911kentouiinkaisiryou.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9/12朝のフジテレビ「とくダネ」
福島の甲状腺検査についての放送です。

前編 http://t.co/ax9wVjCq
後編 http://t.co/SY1Z8zmo

すぐ消されると思いますので早めにご覧下さいね。

フクイチのヤバイ状況・・・

遅らばせながら・・・フクイチのヤバイ状況・・・

☆9/4 10:57~11:15
2号機から煙
「Smoke spouting out from south of reactor2」
http://fukushima-diary.com/2012/09/smoke-spouting-out-from-south-of-reactor2/#.UErRvPUS1U8.facebook


☆Intermittent increase of Krypton-85 to suggest on-going nuclear fission in reactor1
「(希ガス)クリプトン85が断続的にフクイチ1号機から検出されている」
(と言う事は、断続的に核分裂を示唆する・・・)
http://fukushima-diary.com/2012/09/intermittent-increase-of-krypton-85-to-suggest-on-going-nuclear-fission-in-reactor1/#.UEleit_M7bg.facebook


☆福島第一原発3号機プールに再度「ヒドラジン」を投入する
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2012/09/blog-post_1398.html

☆文科省より出ている月間降下物 ストロンチウム
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/6000/5808/24/194_Sr_0724.pdf

☆](9/9に東電は緊急メールを送っている)
Tepco’s emergency email, “Duct of gas monitoring system got a hole in reactor2″
(2号機のガス監視システムで検知した異常について、ですね。日本語つき。2号機は9/4にも黒煙を出してましたよね)
http://fukushima-diary.com/2012/09/tepcos-emergency-email-duct-of-gas-monitoring-system-got-a-hole-in-reactor2/


☆これから子供たちに起きることhttp://www.globe-walkers.com/ohno/interview/loganovski.html
(これは去年の記事です)

☆「宮城の魚は、西日本で販売されていた」
http://fukushima-diary.com/2012/09/contaminated-fish-from-miyagi-was-sold-in-west-coast-of-japan/#.UEwJRJ1GMeA.facebook
(あなたが日本に住んでいるなら、汚染された食品から逃れることは出来ない。)

奥谷和夫さんのゴミ問題勉強会のお知らせ

奥谷和夫さんのゴミ問題勉強会のお知らせです。

日時: 9/15(土)14:00~16:00
場所: 葛城市當麻文化会館 三階セミナー室
(近鉄南大阪線「磐城駅」より西へ450m葛城市役所當麻庁舎前) 無料駐車場有
https://plus.google.com/115065488108541277654/about?gl=jp&hl=ja
講師:奥谷和夫さん(山添村村会議員)「大和ごみ物語」著者
参加費: 無料
主催: 明日の葛城市を考える会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奈良県の産廃問題について。橿原市の震災がれき受け入れについて。
奈良県にも深く関わる三重県の震災がれき焼却灰の問題など・・・。
先日の講演会は、奈良県民として、ぜひ知っておきたい目からうろこの内容でした。
まだ聞いていない方はぜひ!

橿原市の震災がれきの受け入れ

橿原市九月議会の「厚生常任委員会」は、来週10日(月)午後1時~となります。
震災がれきの受け入れについて、議題にあがります。
橿原市民だけの問題ではありません。
可能な方は傍聴に行き、関心のあることを示しましょう。

市役所本館4階の市議会事務局の横を通って奥に入り、ソファーのあるロビーの前の会議室で行われます。
傍聴は10人くらい入室可能。
お子さん連れOK(騒いだり走り回る場合はちょっと出てもらうなど配慮は必要) 。
会議はドアを開けて行われ、会議室のすぐ外にあるロビーのモニターでも視聴可能。

橿原市のHPからネット中継もあるようです。http://www.kensakusystem.jp/kashihara-vod/index.html

プロフィール

奈良の佳鹿

Author:奈良の佳鹿
2011.3.11までノホホーン族をしておりました。
震災後自分の生き方を見つめなおしている日々です。
自分の野生の勘を信じて行動しています。
「食」「命」について考えている看護師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。