脱・のほほーん
危機感を持ってみんなで子供の未来を守りましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナリア警報発令中

3日ほど前から、奈良県の空間線量がSOEKSで今までの0.06~0.15マイクロシーベルトから上がり、0.10~0.19ということが多くなり、時折0.3~0.5までなるときもあります。
今日は奈良市内の喫茶店で15:20分くらいに4.0マイクロまで突然上昇して、1分ほど高く3分ほどかけて徐々に元に戻りました。
こんなことは初めてです。
いったい何があったのでしょうか?
西名阪の下を通過中渋滞で真下で止まったら、0.2マイクロでした。
場所によって、空気がたいへん重苦しくて、呼吸が楽にできません。
頭痛、目の痛み、喉のリンパの腫れと痛み、心臓の痛みがあります。
奈良市、香芝市、生駒市、吉野町の知人の方々もいつもより線量が高めだといっています。
何が原因だかわかりませんが、要注意です。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
主任者をしている者です。以前、がれき勉強会in橿原に参加させていただきました。まず、空間線量ではなく空間線量率で単位もマイクロシーベルトではなくマイクロシーベルト毎時(時間当たりの放射線量)です。空間線量が何マイクロという場合はある期間の積算を意味します。それはそうと、測定器にはばらつきがあり、同じものを測定してもすべてが同じ数値を示すとは限りません。そのため、われわれはエネルギーが補償され、トレーサビリティーのとれた校正用線源で校正をしてもらった測定器を使用しています。これなら、同じ線源を測定してもほぼ同じ測定結果になります。ご使用の測定器はどこまでエネルギーや校正がされているかわかりませんので、0.06から0.15という数値が高いのか低いのかは判断できません。ただ、バックグラウンド(自然放射線)にはこれくらいのばらつきはあります。また、天然の放射性物質の娘核種であるラドンやトロンの影響も考えられます。当施設でも、雨の日の夜間や明け方に突然高くなったいることもあります。それと、頭痛や目まいなどを発症するとのことですが、精神的な部分も大きいのではないでしょうか。怖い、危険だなどと考えてるとなんでも悪い方向に進んでしまうと思います。だからと言って、原発の影響はないとは言い切れないとも思っています。また、先日の勉強会でがれきについて勉強させてもらい、バンダジェフスキー氏の本を購入して読みました。また、京大の小出裕章氏の本も購入しました。共感できる部分は多数あり、何が正しい情報なのか困惑しております。ただ、数十ベクレルのセシウムでも心筋に影響があるのが事実であるならば瓦礫の焼却は問題であると思います。また、がれきの広域処理については放射性の問題もありますが、税金の無駄使いであり、何か利権がからんでそうに思えます。
とにかく、色々と考えさせられます。
[2012/06/14 15:44] URL | のり #- [ 編集 ]
のりさん
ありがとうございます。
空間放射線量の測定は、素人には簡単なものではないと最近感じています。
測定できない核種も存在しますし、電磁波など様々な要因により誤差も生じるのですね。
のりさんの仕事で使用されている測定器は最近変動ありませんか?
私の体調不良は、何が原因かは証明できません。
化学物質過敏症なので、何か他の化学物質や、放射能の重金属に反応している可能性もあるかと思います。
首のリンパ節が固く腫れ、ピリピリと痛んだり、手足の関節が腫れて痛いので、病院に行き検査中です。
精神的なものだけではない何かの原因があるとは思います。
福島原発からの放射能の放出も止まっていませんし、あらゆる可能性を考えていこうと思います。





[2012/06/17 21:30] URL | 佳鹿 #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

奈良の佳鹿

Author:奈良の佳鹿
2011.3.11までノホホーン族をしておりました。
震災後自分の生き方を見つめなおしている日々です。
自分の野生の勘を信じて行動しています。
「食」「命」について考えている看護師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。