脱・のほほーん
危機感を持ってみんなで子供の未来を守りましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“いのち”から原発を考えるシンポジウム 

“いのち”から原発を考えるシンポジウム

日時:2012年3月3日(土)午後1時受付  1:30開会 4時40分頃終了予定

場所:奈良県社会福祉総合センター大ホール

参加費:資料代500円 託児(先着10名 申し込み・堀田まで) 手話通訳有り

講演:・小浜明通寺住職 中嶌哲演さん(若狭・小浜で原子力発電所を建てさせない運動を続け、原発に対する警告を発し続けてきた住職)

    ・阪南中央病院副院長 村田三郎さん(原爆被爆者の健康診断や診療、実態調査、原発労働者の被ばく労働に関する労災認定に尽力され、低線量被曝による放射線障害、内部被曝の危険性に警鐘を鳴らし続けてきた医師)

   ・農業従事者 村上真平さん(福島県飯館村で自然農法による農業の実践をし、3.11の原発事故後三重県に避難)            



問い合わせ、申し込み先: 堀田美恵子  Tel 0742-71-8795
問い合わせメールアドレス  ino.gen2012@gmail.com

*シンポジウムで意見を述べたい方は一人3分(600字)で受け付けることになりました。当日の会場でお渡しする質問用紙でも構いませんが、あらかじめ用意してくださって意見表明をしてください。村田先生に相談事でもいいです
スポンサーサイト

プロフィール

奈良の佳鹿

Author:奈良の佳鹿
2011.3.11までノホホーン族をしておりました。
震災後自分の生き方を見つめなおしている日々です。
自分の野生の勘を信じて行動しています。
「食」「命」について考えている看護師です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。